梅干の起源は古く、遣隋使・小野妹子が中国から持ち帰ったのが始まりだそうです。小田原での歴史は戦国時代の北条早雲から。梅干の薬効と腐敗を防ぐ作用に目をつけ、戦の食用に格好と梅干づくりを奨励しました。
江戸時代には薬用・食用として庶民の間に広がります。小田原もこの頃から大規模な梅の産地となり、おみやげとして旅人に重宝されるようになりました。

小田原の曽我地区を中心に栽培されている「十郎梅」は、肉質がなめらかで、梅干用品種の最秀品といわれています。一方で皮が薄いため栽培や加工にはたいへんな手間がかかります。
温暖な気候と豊富な梅、そして海の恩恵の塩。名物は風土が育てるという言葉通り、まさに小田原の豊かな土地柄が生んだ逸品と言えます。

収穫から漬け込み、天日干し等に多くの手間隙と日数をかけて、最高の味を引き出します。

匠がつくる工程を動画で見ることができます。普通では見ることのできない匠の技を御覧下さい。
Copyright 2008- 小田原ブランド元気プロジェクト  info@genki-odawara.com